バスの運賃を今スグ簡単に検索するには

公共交通機関の一つとして昔から人々の生活の足となってきたバスは、電車や飛行機よりも悪天候に強いというメリットがあります。列車の場合は強風で電線にトラブルが生じてしまうと運行が停止することもありますし、飛行場の天候が悪化していると飛行機は離着陸できません。その点バスは、多少の悪天候でも機能しますし、電車や飛行機が運休になった場合の代替手段としても用いられます。そんなバスの運賃を支払う方法としては、乗車券と現金を使った方法が一般的です。バスの運賃はナビタイムなどの検索サイトからすぐに調べることができますよ(https://www.navitime.co.jp/bustransit/)。しかし最近ではいわゆる交通系電子マネーによる支払いを実施している光景をよく目にします。交通系電子マネーによる支払い方法は、乗車時と降車時の2回電子マネーを読み取る列車と似た方式と、乗車時のみに運賃を支払う、いわゆる先払い方式の2種類があります。初めて乗車するバスの場合、どちらの方式なのかを確認しておくと、スムーズに乗り降りできることでしょう。

 

バスの時刻表を今スグ簡単に検索するには

バスは時刻表に記載された時間までにバス停に到着している人を乗せる公共交通機関です。いくらバスに乗りたいと思っても、バスが停車する時刻までに間に合わない人を乗せることはほとんどありません。すなわち、バスに乗る際には時刻表が命綱にも近い役割を果たしているのです。そんなバスの時刻表を知るには、各バス会社のホームページを参照するのが最も手軽で適格といえるでしょう。いわゆる冊子型の時刻表も便利ですが、そちらは緊急時に変更となった時刻表には対応していません。災害時など、何らかのトラブルによって時刻表が平常とは異なる状態になったときは、リアルタイムで情報が更新されるネットの時刻表が頼りになるのです。ホームページよりもさらに時刻表の情報に特化しているのが、以下のURLにあるような時刻表を表示するアプリです(https://applinote.com/ios/travel/%E3%83%90%E3%82%B9/%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8/)。各バス会社が展開しているものもあれば、鉄道をはじめとしたその他の公共交通機関の時刻表もまとめられたタイプも見られます。スマートフォンでバスの時刻をチェックする際には、時刻表アプリを活用すると便利ですね。

 

バスの路線図を今スグ簡単に検索するには

バスの路線図の中には非常に複雑なものもあり、一見しただけではどの路線に乗ったら目的地にたどり着くのかわかりにくいものも少なくありません。そんなときは、検索機能が付いたバスの路線図をネットで閲覧してみてください。以下のURLにある路線図は、全国のバスの路線図の中から皆さんに適合したものを選ぶことができます。キーワードを入力する検索ボックスの中に、バス会社の名前やエリア、路線名を入力してから検索をかけることで、欲している路線図だけをピックアップした情報が選び抜かれるのです(https://www.navitime.co.jp/bus/route/)。バスの路線図はバス会社ごとの特色が見られます。以下のURLでは路線のみをシンプルに示した図と、カラー版の見やすさを重視した路線図が上下に並べられています(https://www.h-kitamibus.co.jp/bus_route_map.html)。バス会社の路線図を比較しながら、どの路線に乗るか計画を立ててからお出かけください。

 

バスの乗り換えを今スグ簡単に検索するには

バスは別の路線や電車などのその他の公共交通機関への乗り換え手段としても利用されます。乗り換えというと非常に複雑な手順に思えますが、大抵はバスの運転手に手順を聞くと丁寧に説明してくれるので怖がることなく利用しましょう。バスで乗り換えを行う場合、乗り換え専用のチケットを渡されることがあります。これを持っていることで次に乗る公共交通機関の初乗り運賃が割引されたりといった特典があるので、乗り換えを行う際にはその旨を運転手に伝えて乗り換え専用のチケットをもらっておきたいところです。乗り換えするバス停を調べたいときは、以下のURLにあるようなアプリを利用すると非常に便利です(https://www.jorudan.co.jp/info/help/nori_faq.html)。

 

バスの定期代を今スグ簡単に検索するには

通勤や通学の手段として活用されることが多いバスですが、頻繁にバスを利用する方の中には定期券をお持ちの方もいることでしょう。定期代を少しでも安く済ませたいという人は、なるべく長期間の定期を購入することをおすすめします。長期間の定期の方が、計算上の割引率が高くなる傾向にあるからです。購入する際にクレジットカードを利用できる場合は、なるべくそちらを使いましょう。クレジットカードの中にはポイント機能が付いている場合があります。現金で払うよりもポイントの分だけお得なのです。毎日使う定期だからこそ、定期代を安くするポイントを押さえておきたいところです。