路線バスの運賃をいますぐ簡単検索

バスには様々な種類がありますが、私たちの生活に密着しているものとしては路線バスと高速バスが一般的ではないでしょうか?路線バスとはいわゆる市バスなどの公共交通機関の一種で、街中に配置されたバス停を起点に乗客をピックアップし、運んでいくというタイプのバスです。一方の高速バスは、路線バスよりも一つの区間が長く、市や県を跨いで人々を運ぶ役割を担っています。運賃については移動距離が短い路線バスの方が安い傾向にあります。路線バスの運賃はナビタイムやジョルダン、Yahoo乗換案内といった検索サイトで簡単に調べることができます(ナビタイムはこちらのURLを参照ください。https://www.navitime.co.jp/bustransit/)。支払い方法についても、高速バスは事前にチケットを購入しておく形が多いのに対して、路線バスは乗り込むときに乗車券を取り、降りる際に運賃を支払う形式が今でも見られます。路線バスと高速バスそれぞれの特徴を踏まえたうえで、的確な移動手段を選択しましょう。

 

路線バスの時刻表をいますぐ簡単検索

皆さんは路線バスに乗るとき、どのようにして時刻表を確認しているでしょうか?時刻表はバス停に記載されているので、お家の近くにバス停がある方は直接見に行くのも良いでしょう。しかしバス停が家から遠い場合は、事前にバスの到着時刻を調べてからお出かけの予定を立てたいですよね。そんなときは、以下のURLにある時刻表検索を利用してみましょう(https://www.jorudan.co.jp/bus/rosen/)。こちらのサイトではバス停の名前を記入し、平日や休日といった日取りを設定したうえで検索をかることで、時効表を表示してくれます。一つのバス停に多くの路線のバスが止まる場合には、その路線ごとの時刻表を示してくれるのでご安心ください。また、同ページ下部にはそれぞれの都道府県に関する主要なバスが一覧となっており、そちらをクリックして各路線バスの時刻表を調べることもできます。

 

路線バスの路線図をいますぐ簡単検索

路線バスは大抵の場合、複数の路線を走るバスが混在しています。1つのバス停に複数のバスが止まっているときは、異なる路線のバスがブッキングしていることがほとんどです。バス会社にとっても、複数の路線を抱えていることはそれだけ多くのお客に利用してもらえる機会が増えるので、特に人口密集地に関してはいくつもの路線が入り組んでいるのが当たり前といえます。以下のURLでは、全国のバスの路線図を地図やキーワードから絞り込むことができます(https://busmap.info/)。探したい路線バスが公営なのか市営なのか、もしくはコミュニティバスなのかといった条件からも検索できるので、路線図を詳しく見たいという人はご利用ください。また、現在いる位置から近いバス停とその路線図の知りたいときは、同ページ内の「現在地を取得」という枠をクリックしてみましょう。

 

路線バスの乗り換えをいますぐ簡単検索

路線バスの乗り換えはそれぞれのバス会社によって方式が異なることがあります。そのため、事前に方法を調べておくか、運転手に対して素直に説明を求める方がスムーズに乗り降りできることでしょう。路線バスの乗り換えをサポートしてくれるツールとしてぜひご紹介したいのがヤフー乗換案内です(https://itunes.apple.com/jp/app/yahoo-%E4%B9%97%E6%8F%9B%E6%A1%88%E5%86%85/id291676451?mt=8)。こちらは電車用のアプリと思われがちですが、実はバスやフェリーといった交通手段にも対応しています。実際のところ、乗り換えは目的に早く正確に到着する手段であり、そのためには路線バス以外の方法を用いた方が効率的である場合も少なくありません。ヤフー乗換案内であれば、今いる場所の周辺の駅やバス停に関する情報を簡単に調べられるので、旅行先で移動手段を探すのにもピッタリです。

 

路線バスの定期代をいますぐ簡単検索

路線バスは市や県といったエリアをぐるりと一周する路線を進むことが多く、通勤や通学の手段として重宝されています。そんな路線バスで定期券を利用する場合には、まず以下のURLで定期代を計算してみると良いでしょう(
https://www.jorudan.co.jp/norikae/teiki.html)。路線バスの定期代は、長期間の定期であるほど料金が高くなる一方、一回当たりの乗車賃はお得になる傾向にあります。また、払い戻しも受け付けているのでもし必要がなくなった場合はお金を返してもらうことも可能なのです。ただし、バス会社の中には、残り期限が1カ月未満の定期については払い戻しに応じていないところもあるのでご注意ください。払い戻し金額については以下のURLが便利なので覗いてみてください(https://keisan.casio.jp/exec/system/1429772333)。路線バスの定期代も電車と同様に1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の設定があり、長期間になるほど、料金も高額になりがちなので、事前に料金をチェックしておきたいところです。