首都高速の料金を今スグ簡単に検索するには

首都高速とは1962年に開通した、東京を中心とした首都圏を結ぶ高速道路です。最初に京橋から芝浦が開通して以来徐々に延伸を重ね、現在では北はさいたま見沼、南は幸浦までを結ぶ主権の大動脈として機能しています。そんな首都高速の料金を知るうえで最初にチェックしておきたいのが、皆さんがどこのインターから乗り込むかという点です。高速道路は原則として、乗車したインターと出口になるインターの距離によって料金が決まります。そのため、自分が乗るインターチェンジを把握することが、首都高速の料金を考えるうえで重要なのです。首都高速の料金をシミュレートしたいときには、以下のサイトが役立ちます(https://search.shutoko.jp/)。こちらのサイトは首都高ドライバーズサイトと呼ばれており、路線図や路線名、出入り口番号といった情報から出入り口となるインターを定めたうえで料金をはじき出します。また、高速道路は利用する時間帯によって割引してもらえることもあるので、それを加味するうえで出発及び到着時間を設定することができるのも特徴です。

 

首都高速の路線図を今スグ簡単に検索するには

首都高速は首都圏を走り抜ける大規模な高速道路で、毎日多くの方が利用されています。利用者が多いほど要望も増え、それに応える形で様々なサービスが生まれます。首都高速ではネット上に挙げられている情報も多く、特に路線図についてはいくつかの方法でチェックすることが可能なのです。概略的な路線図で充分だという人は、以下のURLをご確認いただくと良いでしょう(http://www.shutoko.jp/ss/mikata/map/index.html)。こちらはあくまで出入り口となるインターチェンジを示しているに過ぎませんが、路線番号が振られているのが特徴です。首都高速の情報をチェックする際には、この路線番号が重要になることも多いのでこの点は有用といえます。ネットでの確認だけでなく紙媒体の地図が欲しいというときには、以下のURLからPDF印刷をかけると良いでしょう。全体盤と分割版の2つがあるので、適当な方を印刷してお持ちください(https://www.shutoko.jp/use/network/navimap/)。

 

首都高速の所要時間を今スグ簡単に検索するには

首都高速を走行している際に、所要時間表示板という看板を見る機会があります。こちらは目的地までのルートマークや所要地点、そして何分ほどかかるかという時間をまとめて表示した看板です。首都高速においてはルートマークを覚えて表示板を確認し、混雑状況に合わせてルート変更することがドライブの所要時間を減らすテクニックともいえるのです。首都高の所要時間はナビタイム高速道路料金・ルート検索を活用することでカンタンに調べることができますよ(https://www.navitime.co.jp/highway/)。所要時間表示板をチェックするうえで注意したいのがあと何分と表示されている文字の色と三角形のマークです。時間と文字と三角形が赤色で表示されている場合、これから渋滞が増加する傾向にあるという意味を表します。一方、時間と三角が緑色で表示されているのであれば、これから混雑が少なくなると予測されているのです。所要時間表示板を確認しながら、首都高でのドライブを楽しみましょう。

 

首都高速のルートを今スグ簡単に検索するには

首都高速を同じ目的地へ行くにしても、出発地点が異なるだけで最短ルートが変わってきます。それだけ複雑に入り組んでおり、その時々の状況を踏まえて最適な道順を選択するのは大変です。首都高速におけるルート検索を少しでも効率的に実行したいときは、以下のURLからルートを探ってみましょう(https://www.shutoko.jp/fun/driveroute/?itemid=14512975-1195-4e75-8da9-f916071ee654)。こちらは出発地と目的地を定めるだけで、首都高速における最適な目的ルートを案内してくれます。地図を印刷することもできるので、アナログな情報をお求めの方にもおすすめです。

首都高速の地図を今スグ簡単に検索するには

首都高速では昼夜を問わず車が往来しており、交通状況も一秒ごとに変化しています。そのうえで注意したいのが役に立つ地図の準備です。地図といえばペーパータイプを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、最近ではネット上にいくつもの地図サイトが存在します。首都高については特に路線図や地図に関する情報が豊富で、特におすすめなのが以下のURLです(http://search.shutoko-eng.jp/rtmap.html)。こちらの優れている点は、交通規制や閉鎖、事故の発生といった情報をリアルタイムで更新している点です。自動更新機能が付いているほか、路線を絞って規制情報を見ることができます。