新幹線の運賃を今スグ簡単に検索するには

新幹線は日本が世界に誇る鉄道文化といえます。いわゆる高速鉄道に分類される列車であり、「速く、遠くに、安全に」という鉄道のキーワードを満たしていると評価されているのです。事故の発生率の少なさや定刻に発車する正確性、そして往復する便が清掃を終えるまでの短さなど、海外から視察に来られた方が目を丸くする特徴も備えています。新幹線の運賃も在来線と同様に、遠くへ行くほど高くなる傾向にあります。具体的な料金を比較したいときは、以下のURLをご覧ください(https://jr-shinkansen.net/fare-top.html)。学生料金や列車別の料金料、往復の運賃についても詳しく記載されているので、新幹線でお出かけする前にはぜひチェックしておきましょう。新幹線は、他の鉄道と比べると料金が高めに設定されています。時間当たりの移動距離が鉄道の価値の一つであるとするならば、短時間で遠くまで移動できる新幹線の運賃が高めなのもうなずけることでしょう。

 

新幹線の時刻表を今スグ簡単に検索するには

時代と共に鉄道に求められるニーズも少しずつ変化しています。ネットワーク社会となりつつある現代において、公共の空間でWi-Fiが繋がっていることは常識に近い認識になっています。新幹線もこの流れを汲んで2018年の夏から順次Wi-Fiサービスの導入を開始しています。目標としては東京オリンピックが始まるまでに前線での適用ということなので、現在はWi-Fiが繋がっていないとしても焦らず待つようにしましょう。新幹線の魅力は何といっても速くて正確な点です。東京から名古屋、大阪に京都といった町へ移動する際、多くの方が新幹線を使用していると思います。どの駅にいつ止まるのかを表しているのが時刻表です。新幹線の時刻表については以下のURLからお調べいただくと良いでしょう(https://www.jorudan.co.jp/time/shinkansen.html)。こちらは駅の名前をクリックしていただくと、平日や土日祝日、どの方面へ向かうのかといった情報と共に時刻表を閲覧できます。

 

新幹線の路線図を今スグ簡単に検索するには

新幹線の路線図を見てみると、改めて日本が鉄道という一つの道によって繋がっていることを痛感させられます。最も新しい新幹線である北海道新幹線は2018年現在新函館北斗駅まで駅が繋がっていますが、最終的には札幌まで延伸される予定です。九州新幹線の長崎ルート及び、北陸新幹線の敦賀ルートは2022年開業予定となっており、これらの路線が開通されればさらに日本国内の時間的距離が短く感じられることでしょう。新幹線の路線図を詳しく見たい方には、以下のURLがおすすめです(http://tg.tripadvisor.jp/shinkansen/)。こちらは全国の新幹線の路線を一つにまとめており、クリックとスクロールだけで駅と区間距離が表示されています。新幹線に乗る前に路線図をチェックしてみると、気になる駅が見つかることもあります。そんなときは、目的地までの途中の駅にふらりと立ち寄ってみるのも旅の楽しみ方の一つです。

 

新幹線の定期代を今スグ簡単に検索するには

新幹線は定期券を利用した乗車ができないと思われがちですが、実は定期を購入することが可能なのです。基本的にはそれぞれの鉄道会社が運用しており、山陽新幹線を除いては鉄道会社を跨ぐ区間に関する定期は展開されていないので注意しましょう。定期代については、いわゆる学割に近い通学向けの定期の方が、割引率が高くなっています。学生の方で新幹線通学をしている方は、ぜひ定期を購入しましょう。

 

新幹線の乗り換えを今スグ簡単に検索するには

新幹線は旅行や出張の際の特別な移動手段としてだけではなく、通勤や通学の日常の足としても利用されることがあります。そんな方々によく見られるのが、新幹線と在来線の乗り換えです。乗り換えの際には、乗り換え用の改札機を使う必要があります。新幹線の乗り換えを調べるにはナビタイムやヤフーの乗り換え案内を参照するのが便利でしょう(https://www.navitime.co.jp/transfer/)。乗り換え用の改札機については駅で表示されていますが、もしそれがわからない場合には駅員に訪ねると良いでしょう。新幹線から在来線に、もしくはその逆を実施したい旨を伝えると、切符の扱いについて丁寧に教えてくれます。在来線から新幹線に乗り換えるケースで、新幹線と電子マネーの適用区間が被っている場合は、新幹線と切符を改札機に入れてから電子マネーを使用していただくと、新幹線切符と電子マネーの有効区間のうち重複している部分を除いて電子マネーで精算することができます。