今日のテレビ番組表を今スグ簡単に検索するには

バラエティやドラマといった娯楽から、生活に不可欠なニュースまで、テレビは様々な情報を私たちに届けてくれます。テレビ番組は基本的に番組表に沿って放送されており、それにチェックしてみたい番組を厳選する人も多いと思います。今日のテレビ番組表を見る方法としては様々なものが挙げられます。ネットを介して今日のテレビ番組表を見る場合には、以下のURLが便利です(https://tv.yahoo.co.jp/、https://tv.so-net.ne.jp/chart/23.action)。どちらも地上波の番組を時間ごとに記載するタイプの番組表となっています。新聞を取っていないという人や、お出かけ先でテレビ番組表をチェックしてい時などは上気のURLをブックマークしておきましょう。アナログな方法でいえば新聞のテレビ欄を思いつくことでしょう。また、テレビリモコンの番組表というボタンを押すと、その日の番組に関する番組表を確認できます。


 

週間テレビ番組表を今スグ簡単に検索するには

映像媒体を通して情報を獲得する手段が年々増えつつある昨今ですが、やはりテレビはその王道として多くの方から支持を集めています。テレビのメリットは何よりもリモコンのボタンを押すだけで番組を見られる点です。パソコンを立ち上げたり、パスワードを入力して動画配信サイトにアクセスするよりもずっと簡単だと感じる人も多いと思います。テレビには放送予定の番組について記載する番組表というものがあります。週間のテレビ番組表を確認するには、以下のサイトをはじめとしたテレビ局のホームページが最も信頼できます(https://www.fujitv.co.jp/timetable/weekly/)。放送しているテレビ局が作成する番組表ですから、ウソの情報を載せることはあまり考えられませんし、もし番組内容が変更になったとしても、その情報をいち早く更新してくれるからです。

 

月間テレビ番組表を今スグ簡単に検索するには

テレビ局は先々の予定を見越して番組制作にあたっています。ドラマやバラエティに関しても基本的に1クールを基準に同じ番組を製作するので、番組表という形で私たちに将来の放送予定を知らせることが可能なのです。番組表にはいくつかの種類があります。新聞を筆頭としたその日の放送予定を知らせるものや、一週間の放送番組について記載したものが一般的です。月間のテレビ番組表はネットではなかなか見つけられません。どうしても月間のテレビ番組表を知りたいというのであれば、以下のサイトにあるような雑誌を購入していただくのが最も近道といえます。
http://www.tvnaviweb.jp/index.html
テレビ番組を紹介している雑誌の強みは、取材に基づいた番組紹介を見られる点です。出演者の番組に懸ける思いや、撮影当時の裏話など番組を見ているだけでは知り得ない情報が、テレビ番組表と共に記載されているのです。

 

過去のテレビ番組表を今スグ簡単に検索するには

テレビ番組は世相を映す鏡であるともいわれています。なぜならテレビ局は視聴者のニーズをくみ取って番組を作り、様々な情報を発信しているからです。テレビ番組表でよく名前を見かけるタレントや芸能人がトレンドであることが一目でわかりますし、人気スポーツの場合はワールドカップなどのイベントが中継されることも多いですよね。テレビ番組表を遡って調べてみたいという人におすすめなのが以下のサイトです。
http://timetable.yanbe.net/
こちらは2007年までのテレビ番組表について記載されており、1日ごとに詳しい番組情報を閲覧できます。嬉しいのは左上の欄から都道府県を設定できる点です。このおかげでローカル番組に関しても調べられますから、過去のテレビ番組表を知りたい方はぜひご利用ください。

テレビ番組表で再放送を今スグ簡単に検索するには

テレビの番組表を見ていると、番組名の横に小さな文字で何か記載されていることがあります。その番組が再放送であることを示すのが「再」という文字です。手話通訳が付いている場合は「手」の文字で案内が出ていますし、「生」の記載があればその番組が生放送であることを示しています。再放送の番組を見たいときは、その日のテレビ番組表をチェックするだけでなく、各テレビ局のホームページを調べてみるのも良いでしょう。例えば以下のような形で再放送に関する情報が記されていることもあるからです(https://www.fujitv.co.jp/saihoso/)。また、最近放送されたばかりの番組であれば、各テレビ局が運営するビデオ配信サービスで見逃し放送を配信しているので、そちらをチェックするのも良いでしょう。また、最近のテレビでは全録画機能がついているものもあるので、こうした方法を活用すれば、かつてのように見逃したテレビ番組を再び見ることができる機会は増えるでしょう。とても便利な世の中になりましたね。